HOME > 生協・共済 > 富山県立大学生協について

富山県立大学生協について

富山県立大学生協とは

富山県立大学生活協同組合は、
富山県立大学の学生・教職員のための
福利厚生の運営を委託された協同組合です。

大学生協は、学生・院生・教職員が出資し、利用し、運営する組織です。生協への加入や利用が増え、運営に参加することで、生協がより強められ、魅力ある大学づくりやより豊かな生活を実現することにつながります。

富山県立大学の中で利用され、
富山県立大学の中で還元されるシステムです。

剰余が外部に流出せず、すべて組合員のために使われます。その活用方法は組合員の意思決定機関である総会、理事会で決められます。

生協のしくみ
  • 理事会
    理事会は、業務の執行機関であり、日常的に生協を代表します。理事は総代会で学生・院生・教職員より選出されます。この理事会の決定に基づき、食堂や店舗の運営などがなされています。学生や教職員の意見や生活が理事会運営に反映していることが大切です。
  • 総会
    総会は、富山県立大学生協の意志決定のための最高議決機関です。最低でも年に1度開催し、過去1年間の活動報告と決算の承認、活動方針・予算の決定や、向こう1年間生協を運営する役員(理事・監事)の選出などを行います。
  • 学生委員会
    学生生活を見つめ、自らの願いや問題意識を出し合い、より良い大学生活を送るために何ができるかを考えて活動しています。その過程での人との出会いや様々な体験が、成長の糧になります。新入生歓迎会や学生同士の交流など多様な企画にとりくみ、地域単位や全国規模での交流・学び合いを行います。

出資金について

出資金は、4口20,000円でお願いしています。
出資金は卒業時に全額返還されます。

富山県立大学生活協同組合はみんなでお金を出しあい、自分たちに必要なものを揃え、よりよい暮らしができるようにという主旨で成り立っています。
出資金を出すことによって生協に加入でき、組合員とし生協の運営に参加し、生協の行う各種サービスを受け、店舗・食堂を利用することができます。
富山県立大学生活協同組合は、毎日の食事や生活用品・教科書・専門書・文具などがすぐ安く手に入るので、富山県立大学で生活する学生や教職員にはなくてはならない存在です。ぜひ加入して、大学生活に役立ててください。万一、加入しなかった場合は、組合員としての価格やサービスを受けられなくなります。

各種割引サービス
教科書 10%割引
書籍・雑誌 5%割引
CD・DVD 10%割引
PAGETOP